Jus ad Bellum Implications of Japan’s New National Security Laws

(Published in Opinio Juris, Apr. 21, 2016; re-published in The Asia-Pacific Journal: Japan Focus, Vol. 14, May 15, 2016)

Far-reaching revisions to Japan’s national security laws became effective at the end of March. Part of the government’s efforts to “reinterpret” Japan’s war-renouncing Constitution, the revised laws authorize military action that would previously have been unconstitutional. The move has been severely criticized within Japan as being a circumvention and violation of the Constitution, but there has been far less scrutiny of the international law implications of the changes.

The war-renouncing provision of the Constitution ensured compliance with the jus ad bellum regime, and indeed Japan has not engaged in a use of force since World War II. But with the purported “reinterpretation” and revised laws – which the Prime Minister has said would permit Japan to engage in minesweeping in the Straits of Hormuz or use force to defend disputed islands from foreign “infringements” – Japan has an unstable and ambiguous new domestic law regime that could potentially authorize action that would violate international law. … Read more…

Undermining the Rule of Law – Tokyo Shinbun Interview

(Interview with Yoichi Takeuchi, in the Tokyo Shinbun, Jun. 30, 2014)

Martin-TS.Interview-Jun.2014

法の支配揺るがす ≪解釈改憲≫ 米の法学者はこう見る(東京新聞6月30日)

安倍政権は集団的自衛権の行使容認に向け憲法9条の解釈変更を7月1日にも閣議決定しようとしている。米政府や識者の多くは日本に集団的自衛権の行使容認をかねて働き掛けており、支持している。だが、政府の独断による解釈改憲は「日本の法の支配を揺るがす」と異を唱える法学者もいる。米中西部カンザス州のウォッシュバーン大学法科大学院のクレイグ・マーチン准教授(53)に聞いた。(アメリカ総局・竹内洋一)

-第1次安倍内閣の当時から解釈改憲には反対を主張してきた。その理由は。

「解釈改憲は憲法の改正規定を犯している。時の政権が不都合な条項を思い付きで簡単に変えられるなら憲法はもはや最高法規ではなくなる。『法の支配』を支える最も基本的で本質的な原則にも反している。法の下の平等だ。改正手続きを無視して解釈改憲を閣議決定すれば、内閣を法の上に置くことになる」

-閣議決定までの手続きも有識者会議や与党協議だけだった。

「憲法に定められた国権の最高機関である国会、違憲審査権を持つ最高裁には諮られていない。内閣の独断で改憲を宣言するのは、完全に違法で無効だ。憲法改正には国会での審議が必要だ。選挙に勝利した与党の協議でも、違法な手続きは正当化されない」

-安倍政権は「日本を取り巻く安全保障環境の変化」を憲法解釈を変える理由の一つに挙げているが。 … Read more…